記事一覧

五輪開幕まであと6日

2021.07.17
19日(月)正午 幸手市役所出発 東京2020パラリンピック聖火リレー

梅雨明けを前に、暑さが増す東京。五輪のメイン会場となる国立競技場も無観客での開会式を23日に控え、付近は交通規制がしかれ、警察関係者が目立つようになってきたと日経新聞が報じています。

コロナによって、開催の賛否、また、無観客開催などに対して、いろいろな意見や感想が日本中に混在しています。開催是非の判断は皆さまにお任せするとして、期間中の選手の皆さまや関係者の皆さまには万全の対策で安全に活動されるよう願うばかりです。

幸手市 東京2020パラリンピック聖火リレー】
埼玉県では幸手市をスタート地点に、県内6市町をめぐります。
*聖火リレーは3人1組のランナーがチームとなって、リレーを行います。
*8月19日正午に幸手市役所をスタートし、荒宿交差点を経由して幸手駅入口交差点手前付近までの約1.3キロを走行します。開催時間やルート等は変更になる場合があります。市のホームページでルート等はご確認ください。また、聖火リレールート上及び周辺道路の交通規制を行います。混雑回避などにご協力をお願いいたします。
*また、観覧時はマスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保、拍手による応援へのご協力をお願いしています。聖火リレーはライブ配信も予定されており、ライブ配信での視聴もご利用ください。
*ドローンの飛行は禁止されますご協力よろしくお願いいたします。

♥詳しくは市社会教育課のホームページご確認ください。

以前、写真におさめた国立競技場(@新宿区)
ファイル 1563-1.jpegファイル 1563-2.jpeg

杉戸の男子 快挙

2021.07.17

アイコン

カブトムシ観察が学術誌に掲載

少し前の新聞記事です。杉戸町の小学6年生が、素朴な疑問から始めたカブトムシの観察が、専門家の協力で論文になり、世界的な生物専門誌に掲載されたとのこと。ご覧になった方もおられるでしょうか。

我が家でも東京にいる孫がクワガタやカブトムシの飼育中です。学校の近くの小さな公園でノコギリクワガタのオスメスを見つけたのを発端に、雨の日に同じ公園に出掛けて、カブトムシのオス2匹、メス1匹を捕獲。飼育ケースに入れてお世話をしているとママから聞いています。男の子のロマンが詰まった昆虫観察。そんなことでこの記事に関心を持ちました。

記事によると、杉戸の男子宅の庭にアジア由来のシマトネリコという木があって、夜行性のはずのカブトムシが日中も活動していた。男子は、その理由を知りたいと思い、図書館で題名に「カブトムシ」と書いてある本を片っ端から借りて読みあさり、昼間の活動について論じている専門家の本を見つけた。メールを送るなど母親がサポートして専門家と繋がり、アドバイスを貰うことができ、2年目の20年、庭に来るカブトムシの数と、162匹の入れ替わりを記録。夜の観察を家族にも手伝ってもらいながら数を数えたそうで、7、8月は毎日欠かさず観察し、調べた回数は、231回になったとのこと。

素晴らしい。ご家族のサポートや専門家とのタイムリーな出会いとアドバイス。子どもが育つ環境が目に見えるようです。2人の名前で投稿された論文を査読した別の専門家も、データの厚さに、「記録を集めた人は賛意に値する」と驚いているとのこと。なぜ、シマトネリコに集まるカブトムシが昼間も活動するのかはまだ分かっていないそうですが、男子は「カブトムシが来てくれる限り研究を続けたい」とし、今年の夏も観察を続ける予定だそうですよ。

♥ロマンですね〜✨